ここから本文です

たくさんある銘柄のどれを買うかなんて,他人にどうのこうの言われるようなものではないですよ.
気に入ったら買うし,気に入らなきゃ買わないでほかに行く.
買って下がったら下がったで,上がるまで待てばいいだけでしょ.

要は,お父さんがピンクのふんどしを気に入って身に着けているからといって,他人にどうのこうの言われるようなものではないのと同じこと.ここを持ってる方たちは,短期で短気な方々とは視点が違うのですよ.