ここから本文です

>いずも型護衛艦2隻を ”防御型の空母”と言わせない 「言葉遊び」

日本国の憲法上で「攻撃型空母」は保有出来ないんだって、、公明党が「空母」と呼んでは駄目だよと言う意見が公明党側から出たそうだ。

防衛大綱に記述する述語の問題で与党 working team で整合性を計る目的で「多用途運用護衛艦」とヘンな呼称に落ち着いたそうだ。空母じゃあ無く→「多用途運用護衛艦」と言う名称である。

公明党は憲法改正にクレームし、”他国から攻撃を受けた後しか反撃できない” 憲法を守ろうと血眼になっているが、、。現代戦では初期攻撃が勝敗を決めるのである事を知ってホオカムリしている奇妙な政党だ。

憲法を今の世界情勢に合わせて改正すべきだ!!
言葉遊びをしている時ではない!!