ここから本文です

日本タングステン、部門横断で製品開発 社内公募コンペ促進

2019/8/27 05:00
日刊工業新聞

新製品テーマ立案プロジェクトによる活動(日本タングステン提供)

【福岡】日本タングステンは製品開発の取り組みを加速する。部門横断型のプロジェクトチームを編成するほか、社内公募のコンペ実施で自発的な動きを促す。現中期経営計画が終わる2021年3月期までに体制の整備を進める。成長市場とする医療、自動車分野などへの継続的な製品投入につなげる。

製品投入では「新製品テーマ立案プロジェクト」を編成する。営業、技術などの部門横断型で組織し、マーケティング戦略の機能を集約する。課題としていた開発期間の長期化による機会損失を防ぎ、明確な方向性を示すことで効率的な製品投入の受け皿としての役割を担う。

社内コンペは開発の窓口として、年1回のペースで継続的に展開する。アイデアを募った上で絞り込み、新製品のテーマを立案するプロジェクトにつなげる。社外との共同研究も活用し、動きを活性化させる。

日本タングステンは粉末冶金技術を軸としたマテリアルの開発に強みを持つ。3カ年の現中期経営計画では新製品創出に向けた戦略を方針に掲げている。