IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

今夜の日経ニュースで言っていたが、アメリカ市場は金利上昇による催促でFRBに喧嘩を売った形となっているが、今日の日銀のTOPIXのみの購入による報道など日米共、中央銀行に喧嘩を売っても勝ち目は無いとの事。
FRBは早晩に雇用が回復する事は無く、その為23年まではこの金融状態を続けると言い、又、資本規制の緩和の継続を終了すると云うので
、それを察知した金融機関が売却を急いだために金利が急激に上昇したらしい。
これを見るとアメリカ金利はこれ以上の大幅な上昇の可能性は低く、早晩落ち着きを見せれば物色の対象も変化が起こる可能性がある。