ここから本文です

これは、イイね!

電子部品メーカーの大真空(兵庫県加古川市)は、車の自動運転に対応した水晶発振器を開発したと発表した。歩行者や対向車などを検知する車載機器での採用を見込む。
 新しい水晶発振器は、ブレーキやアクセル、ハンドル操作を自動制御し、「レベル2」と呼ばれる自動運転に対応した車載用電子機器に搭載する。対象物を検知するミリ波レーダー、高精度カメラなどへの採用を想定している。
 自動運転に対応した水晶発振器は初めて。10月には高規格の水晶発振器を投入する予定。周波数が安定しているため、例えばカメラに搭載すると、鮮明な画像が得られるという。