ここから本文です

帝国データバンクは昨日、「アニメ制作業界動向調査(2019年)」を発表した。2018年(1-12月期決算)におけるアニメ制作企業の売上高の合計は2131億7300万円となり、2011年以降8年連続で前年を上回り、過去最高を更新したという。
※東映アニメ 映画「ワンピース」が好調、「ドラゴンボール」
※ブロッコリーうたの☆プリンスさまっ♪
※IGポート 「新劇の巨人」「ハイキュー!! 陸 VS 空」
※マーベラス 東京喰種:re」「HUGっと!プリキュア」
◎イマジカG 子会社制作アニメ「ポケモン」「妖怪ウォッチ」
上記企業が業績拡大での株価上昇要因鮮明に!!!!
イマジカにも投資スタンスでの資金が株価安価低迷を押上げ上昇噴き上げ攻勢展開に先・先株価上昇して行く様が楽しみ!!!