IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>356

【連続増益】LSI横ばい。ただ、AI・IoT事業で通信モジュールが好伸。研究開発費負担こなし、営業増益。20年12月期はAI・IoT事業で通信モジュールが5G向け好調。LSIもOA向けなど回復。研究開発費もやや減少。営業増益続く。
【新製品】5G通信モジュール対応のブロードバンドルーター発売。営業、開発体制整え、通信モジュール関連の拡大に本腰。
【業種】 電子部品・産業用電子機器 時価総額順位 146/242社

  • >>373

    今日の値上がりはこれ!来るのか2020年~自動運転レベル3時代!!

    ホンダが2020年夏にも、一定の条件下ならハンドルを握らず、目を前方からそらしてもシステムに運転を任せられる技術を搭載した車を発売することが13日、わかった。自動運転の「レベル3」にあたる技術になり、高級セダン「レジェンド」の一部モデルに搭載する。レベル3の自動運転車を市販するのは、日本の自動車メーカーで初めてとなる見込みだ。

     国内勢では、日産自動車が9月に発売した高級セダン「スカイライン」の一部モデルに、高速道路上で手放し運転ができる機能がついているが、この機能ではドライバーが目をそらし続けると警告音を鳴らした後に停車する。ホンダは同様の機能に加え、高速道の渋滞時なら目をそらしたままでも運転を任せ続けられる機能を追加した技術をレジェンドに搭載する。ドライバーがテレビを見たり、スマートフォンを操作したりできるようになるという。レジェンドの現行モデルは720万円から。自動運転技術には高価なセンサーが使われるため、新型モデルの価格は高くなる見込みだ。