ここから本文です

ソニー株の出遅れが顕著です。
他の日本市場の主力株の中で単に株価が6000円台を抜け、やっと
7000円台に乗っただけの株価水準で、この年末を迎えるはずが有り
ません。

現在の、市場での売買動向を見てみると、上下±100円程度の値幅の
中で、機関投資家、デイトレ等の小銭稼ぎの対象とされ、弄ばれている
ようにしか思えません。

今後の動きとしては、他の主力銘柄が相当以上に株価水準を切り上げて
来ていることから、ソニーのような取り残された優良銘柄に買いが集中
することも十分予想されます。
そうなれば、株価水準は、もう2段階程度上の9000円を超える水準
まで買い進まれることも十分予想されます。

今後の株価の動きに注目しましょう!