ここから本文です

シャープに技術はありません。 製品の根幹を成す技術は全て機械メーカーが
出向いて機械を立ち上げ、設備の稼働を見守ってきました。 機械メーカーの技術をそのまま使用しているだけだから販売価格は機械メーカーの言いなり。  同業他社より割高な設備を買わざるを得ない・・・ 製品にこの価格が転嫁されますから当然の結果として価格競争力が無い・・・ 競争力を持つには他社より利益を下げるしかない。 シャープへの設備の引き渡しには手間取る、これは設備業者の常識。 だからサムソンや中国メーカーより安くは売れない。 
この積み重ねが当然として、今日の結果じゃ無いでしょうか?

これから若手技術屋を育てるにも社内にその手本となる先輩が居ない・・・
腕のある先輩は去り、残った先輩の技術もポテンシャルも???だから。