IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>143236

申し訳ありません。記述に誤りがありました。一部訂正します。
訂正)1月1日の元旦 →2012年12月31日

>まともな指導者であれば、日本経済全体を見据えて、国民や関連企業社員
>を守るために#のような大企業を無計画に倒産させるわけないが、公的な
>支援を行う上で経営者や株主に責任をとらせないということはないだろう

(訂正)1月1日の元旦 →2012年12月31日の

日経報道では、国による製造業支援1兆円の支援報道がされている。
ほぼ確実に動くだろう。支援は倒産ではなく資金支援を意味する。

なぜなら、株主責任の以前に誤った経済運営により弱電系電機業界を窮地に追い込んだ国の責任があるためです。

それゆえ、株価ゼロによる倒産後の支援行為はありえないと考えるのが自然である。

しかも、あえて言えば、株価数千円台からすでに100円台を経過したことで、株主責任は、果たされている。

人は神様ではない。経営の過ちは誰でもある。その過ちを正して今後に生かせばよいのではないだろうか?

シャープの復活を確信している。