IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (5762コメント)

  • 2日前 TOWAが好決算発表の翌日大幅に大暴落しました。
    不自然丸出しでした。明らかに棒金機関HF系が」無理やり下落させた可能性を述べました。

    しかし『所詮不自然なことは続かない。明日は自律反発する。』と述べました。
    そして予想通り昨日は自律反発で151円 6.75%とフェローテックよりも大きく
    急騰しました。

    いくら資金力で不自然なことをしても、業績には抵抗できなく、低くすることは長くは続かないことを教えてくれました。

    あくまで業績が重要です。

    いよいよ2/14(月)にフェローテックのへっさん発表が迫っています。

  • >>No. 193

    経営の基本も投資の基本も本質は同じです。

    経営は、中長期経営視点で、正しい投資をして経営・事業を健全に成長させることが
    重要になります。

    株投資も、原点回帰の経営陣と同じ姿勢で企業・事業を見る、中長期投資の基本が大切であり、小難しいハイテク金融投資テクニックは不要です。

    極めて当たり前のことです。

  • >>No. 182

    『前向きな成長投資のための増資は、中長期的にはプラスになる、』

    以前コメントしましたが、最近のフェローテックの増資に批判的な方もおられましたが、確かに、短期的には利益の希薄化効果で株価が下がりますが、中長期的には株価がプラス効果になります。

    そもそも、なにもしないで楽して儲けようとする方がおかしいのです。
    ちゃんと設備投資をしないといけないのです。

    中長期投資で見守りたいものです。

  • >>No. 183

    そうですね。笑

    『陰の極は陽の極に通じる。』

    この意味は深いですね

    『山高ければ谷深し、また、谷深ければ山高し』

     中学校や高校で学んだ  『作用反作用の法則』


    本質は同じです。

    株の世界でも同じです・・・・・

  • >>No. 173

    //// 4080助けて下さい   /////

    何故、4000円台で大げさに助けてください、というのですか???

    ここの適正株価のレベルをあまりにも知らなさ過ぎませんか?。

    幾度かコメントしてきましたが、少なくとも1万円台のレベルです、

    まじめに言っているのです。決して買い煽りでありません。

    簡単に概算で、現在2738円  PER 4.37 PBR 1.09
    これが仮に1万円になったとすると、単純比例計算で PER 16.0 PBR 4.05

    この値は、まったく異常ではありません。極普通の状態です。

    これは現時点での一株利益 626.76円が一定の場合です。

    これが、事業が好調で利益がこれから毎年増大すれば、一株利益が大きくなります。そうなれば、 このPPER 16.0 PBR 4.05もさらに少なくなります。

    言いたいことわかりますか? 
    今経営陣が、積極的に先を見て設備投資をしていますが、1年後もしくは2年後に
    この設備投資の効果が大きくなることを見通して経営をしているので
    、今後は、一株利益が大きくなります。

    それを考慮すれば、1万円台は、中長期的には、適正な企業価値を反映するかなり現実的な株価いうことになるのです。

    株投資の王道の中長期投資で、本当の株の醍醐味を経験する投資家になりましょう。

  • 半導体ピーク説をオーム返しに言う方がおられるが、現状でも足りな過ぎて車がまともに生産できなく減産、と今朝のニュースでも報道されている。
    今日でもなく毎日にこの報道を聞く。

    これからさらにEV自動車の生産が初動状態だが本格化するとさらに半導体の需要が急増してくる。恐らく、しばらくはピークは打たないだろう。少し冷静に考えたほうがいいだろう。

    今日はSOX半導体指数が爆上げだ。最近は上昇する日が次第に多くなっている。
    そのことを市場は冷静に意識してきたのではないか?

    勘違いしてはいけないのが、ここは半導体だけではないということだ。

    車のEV化を睨んで自動車向けパワー半導体基板を開発し、急激にに事業が拡大している。自動車業界にに積極的に事業展開している。サーモモジュールも自動車の室内環境や5G等の通信施設の温度せぎょシステムつぃて積極展開し需要が急増している。事業のポートフォリオも進んでいる。

    目先の株価の上下に捉われる短期投資ではなく、中長期投資で臨むべきと感じる。いずれ投資の本当の醍醐味を経験できるだろう。

  • 今日の公開大手空売り機関手口情報では、4日(金)まで追加公開されたが、やはり4日金曜も大きく減っている。その日は大きな下髭で+の日だった。もろに空売り機関の買い戻しの影響が出た日だった

    先週1週間だけで大手空売り機関数社のみだけで数十万株程度かなりの空売りを減らしている。やはり、来週の2/14(月)のフェローテック好決算を控えて着々とあるいは急激に減らしていることが容易に推察される。

    今日も陽線引けだったのも、プロの空売り機関は、買い戻しをしていたからだろう。最近の局面は、プロは空売りを減らそうとしているようですが、逆に調子に乗って いまだに空売りを増やしているのは、個人の素人空売り投資家と思われる。

    これからは下げ過ぎ状態なので、下がってもせいぜい200円程度、逆に上昇は弾みが付けば、200円、500円、1000円と跳ね上がる可能性が高い。

    好決算の可能性が高い3Q決算が3日後に迫っている。

    そろそろリスク管理を意識して、気を付けたほうがいいでしょう。

  • 仕事から帰って掲示板を見てみると、売り煽りのチンドン屋状態。笑

    今日は下がった下がったと騒いでいるが、始値 2602円 終値 2615円
    で陽線引け。

    実体はプラス引けに等しい。途中大きなプラスの火柱が上がり踏み上げもあった。
    空売り陣はヒヤリとしただろう。

    必死の防戦をして何とか沈めたようだが、終わってみれば、陽線引けで、今日の空売り陣は全員赤字だ。

    恐らく、意外の下への頑強な抵抗に底を意識したから、今日 調子に乗って空売りをした方々は、明日の上昇を恐れて売り煽りを必死にしているのだろう。

    今日のTOWAの昨日の好決算で上昇期待が逆に大きな下落で影響を受けたようですが、TOWAが仮に上昇であれば、ここは暴騰していた可能性もあっただろう。

    空売りっ巻が、それを恐れて意図的に下落を強要した可能性が高い。しかし不自然な株価操作は続かない、好業績なので明日は普通に自律反発するだろう。

    明日も目が離せない。

  • おはようございます。
    今日はTOWAの昨日の好決算発表後に市場がどのように反応するか注目しています。
    コマツ等は先週好決算が出ましたが、最近の好決算企業は、決算発表後から株価が堅調な企業が多くなっています。

     やはり業績が基本です。
    TOWAもそうなれば、フェローテックの決算発表後の動きの参考になります。

    特にこれからは、金利が次第に上昇し業績相場になり、バリュー企業が有利になってきます。

    先のコメントでも触れましたが、多くの点で似ています。
    半導体関係魚事業で中国にも主力の工場を展開しています。また、企業規模も同じレベルで好業績で、実質的にばフェローテクと同様にバリュー株企業であることも似ています。
    TOWA      PER 7.45  PBR 1.73
    フェローテック    4.21    1.05

    PER 100倍近くPBRも5倍から数十倍のグロース株グループと同じに扱われるのにな無理があります。これらの企業グループの動きと最近は次第に異なる動きが見られ、株価の動きも先週末 1/28(金)前後から、上昇下落、陽線陰線が毎日交互になっています。

    変化の兆しが出てきたように感じます。

  • 同感ですね。
    また、類似点が多く、好業績で上方修正の様子も似ていますので注目ですね。

    投資指標もオーダ的には似ています。実質的にバリュー株です。
    TOWA      PER 7.45 PBR 1.73
    フェローテック    4.21 1.05

    今日3Qの決算が上方修正で非常に良かったので明日に注目です。

    また、ここの1週間前後のチャートの動きが日々の陽線陰線の配列も含めて、そっくりです。

    つまり両社とも日足のチャートが1月末1/28(金)以降から
    1/28 (金)陰線  1/31陽 2/1陰 2/2陽 2/3陰 2/4陽 2/7(月)陰線
    と交互に陰線陽線が交互になっています。

    陰線の日が空売り 陽線の日が買戻し  が交互にしているからと推察されます。
    この順番では、明日は買い戻しが主体でプラスの可能性が高い。

    そして1月末1/28(金)以降から下落のスピードが緩くなっていつのも似ています。両社とも次第にレーザテック等のグロース株からバリュー株に変化する動きが出てきた可能性が考えられます。

    この点からも明日に注目です。

  • ////売り入れマース/////

    君は実はやはり素人?

    これから空売りを入れると死んでも知らんよ。
    既に上衝フェーズだけれども、今後も大した下がらないよ。

    無理無り不自然に下げられたエネルギは、いずれ爆発するものだよ。

  • 貴方の言う通りです。
    ここは既に実質的にバリュー株です。

    他のグロース株と勘違いして
    調子に乗って空売りをしていると、いずれしっぺ返しが来るだろうね。

  • ////600台で買わしてくれ
    新型コロナ感染第一波の時はその位だったよな/////

    本業の事業力を示す営業利益が当時から3.5倍から4倍程度に急成長しているので
    無理ですよ。笑

  • ////・・・・・・・・明日は恐らく、1週間後の2/14(月)に好決算が予想される3Q決算が迫っているため、空売り屋さんは積み上がった空売り玉を減らすために、必死の仕掛け売りをして株価急落で混乱をさせ、個人投資家が慌てて多くの株を投げ売りをさせ、そこを狙って買い戻しを行い多くの売り玉を減らして逃げようとする可能性が高い。

    慌てずに冷静沈着な対応が必要だ。
    逆に言えば、余裕のある個人投資家は、その下落時が絶好の買い場になるだろう////

    昨日の深夜、なんとなく胸騒ぎがしたので上記のコメントしましたが、的中です。

    恐らく、いずれ元に戻るでしょう。
    決算が楽しみです。

  • 良く投資の王道と言われることだが、投資の基本に返って、投資対象企業の事業・事業価値・企業価値を冷静に検討して自分なりの適正株価を把握し、その適正株価に対して割安になった時の株(バリュー株)に投資を行い、目先の上下のノイズに捉われることなく(無視をして)、時を味方にする中長期投資をすることが大切と言われている。

    言うは易し、行うは難し。

    しかし、実際にこのバリュー投資法を実行して巨額の富を築いた投資家がいる。
    投資の神様 ウォーレン・バフェット氏だ。
    特に、市場が混乱して株価が激しく上下に動き、割安になった株に投資をすることで、バリュー株を購入し長期投資をする方法を得意としている。

    リーマンショックの時、それを実施し、HFは多くが大損もしくは閉鎖を余儀なくされたのに、逆に巨額の利益を得たことは有名だ。

    正に、今のフェローテックの異常な割安状態(PER 4.37 PBR 1.09)の
    実質バリュー株に投資をしたのだろう。

    明日は恐らく、1週間後の2/14(月)に好決算が予想される3Q決算が迫っているため、空売り屋さんは積み上がった空売り玉を減らすために、必死の仕掛け売りをして株価急落で混乱をさせ、個人投資家が慌てて多くの株を投げ売りをさせ、そこを狙って買い戻しを行い多くの売り玉を減らして逃げようとする可能性が高い。

    慌てずに冷静沈着な対応が必要だ。
    逆に言えば、余裕のある個人投資家は、その下落時が絶好の買い場になるだろう

  • これから空売り屋さん方の必死の売り煽りが明日の朝までブヒ ブヒと
    出てくるのだろう・・・・

  • ////最大で計558万7000株の新株を発行する。最大で現在の発行済み株式数の約14%に相当る。////

    増資は前向きな業績拡大への前向きな投資んための増資であれば、
    むしろ中長期的には株価にとってはプラスになる。

    増資発表近辺の株価4400円前後からの下落率は37.8% 約4割の下落率。
    既に、現時点で増資による目先の希薄化の下落効果 約14%は織り込み済。

    残りの分後は、市場(の投資家の方々)の認識納の誤りによって単細胞的に
    ディスコ、レーザーテック等のPER 数十倍~100倍、PBR 5倍~20倍のグロース株とフェローテックのPER 4.37 PBR 1.09 で実質的にバリュー株で業績を無視して安易に同列との思い込み 

    及び ピークアウトの間もなく到来との思い込み
    によるアンダーシュートによる下げ過ぎ。

    市場は時として、無責任で軽薄なあるいは時として偏向したマスコミや評論家等の煽りに過剰反応による群集心理によるパニックを起こす。今回が典型例。

    先週末、空売り屋さん等の仕掛け売りが失敗しプラス引けで、
     週足陽線 下髭2発の2番底 を形成。
    下値をがっちり固めたので、市場(の投資家の方々)が冷静を取り戻せば、
    異常な割安の実質バリュー株になったことを消化して、明日からは
    好決算が予想される2/14(月)を意識して反転上昇に転じる可能性が
    高いでしょう。

  • 貴方の得意のピークアウト説ですが、今回は100歩譲っても恐らく来年度以降になるのではないでしょうか?

    先にもコメントしましたが、身の周りの各会社の調達関係者の様子を聞くと、今年いっぱいはかなり電子・半導体部品の不足状態が酷く、解消の目途がついていない、と頭を抱えています。

    また、自動車EV化の本格普及がはじまったばかりで、一台当たりの電子部品・半導体部品使用量は大きいため、新たに膨大な半導体と電子部材の需要がこれから本格化します。

    フェローテックも、これも先にコメントしましたが、EV自動車関係のパワー半導体基板系の新規事業を昨年度から本格的に立ち上がり、年2倍もしくはそれ以上のペースで急激に拡大し展開している。
    このペースでは、予想以上に早く新たな大きな柱になる事業になりそうです。

    これらを見ていると、ピークは後になるか、もしくは、はっきりとしないで需要は増加継続かもしれない可能性もあるかもしれません。

  • bagnokoooさん
    某空売り系会社にお勤めですか? 

    状況から、とにかく事実は如何であれ、ディベート術を駆使しての投稿が目立ちますが、ネガ・売り煽り的投稿をすると収入が得られるのですか?
    と勘繰りたくなるのですが・・・・。

    質問しても、まともには応えてくれないと思いますが・・・・

  • 事業によりますよ。

    恐らく、パワー半導体基板の量産は、ほとんどが自動と思われますので、間接費用の増加よりも数量が多いほど量産効果の方がが大きくなります。

    従って、売り上げが2倍になれば、利益はそれなりに伸びると思いますよ。
    私も一応大手メーカですのでこの系統のこの事業はこれから本格的に利益ものびると感じますよ。

本文はここまでです このページの先頭へ