ここから本文です

1Q決算やワラントでの大きな下げも、
気にはすれども、
あの時は余裕持ってホールド出来てた。

前にも書いたけど、
決して銘柄に惚れ込んでる訳でもなく、
はたまたこの株の信者でもない。

ただ、辛気臭く垢抜けしない、
過去の栄光を引きずって
ここに至った様な企業が、
いま改めて自らの価値(技術)に目覚め、
昇竜の如く生まれ変わる…
そんな、
わくわくする「夢」にかけたのだと思う!

投資とは裏腹で、
それこそ信者たる所以…
と突っ込まれそうだし(笑)
そいえば、競馬も
「逃げ」か「追込み」しか買えなかった。

でも、安心めされよ。
時折とんでもない高配当が舞い込んできた。

株とギャンブルを一緒にしてはならぬが、
こと、オンキヨーに関しては、
直線一気に追い込んでくる
蹄の音が響いてくるようだ!

相応の含み損抱えての戯言ですが、
今はきっと手放す時ではない。