IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

消火時に   一台風上

高所から
腕伸ばし

噴霧消防車  輻射熱下げる
       延焼防ぐ
       煙を抑える
       隊員冷やす
         洗う


いろいろな    火とが尽生
            時間

切り裂いて

アベコベ化防ぎ   早く幸せに


アベコベに   拘るところ

変調す

鐘に目くらみ   情報スカスカ
フンドシ欲しく  アベコベをする
腹は痛まぬ    社会よりハラ 


アベコベで   にわかアベコベ
スカスカで   おこぼれアベコベ

撒き過ぎて

本に必要    あまり届かぬ
特に十年    アベコベさせる


アベコベで   無関心に

火を付けた

功績それだけ  ほとんどマイナ
            回珍
            錬珍
無意味


スカスカで   アベコベまがいも

飲み食いが

我慢できない  腹は痛まぬ
        火よりも食珍


「ただいま」と 「帰ってきたよ」と

水舞台に

泳の申し子    どこまで届くか
苦体耐え超え   心化し真化


鐘あれば     多くの貧は

割るしない

高金食して   堂々アベコベ
        素面


貧老が    食べるものなく
       緊急避難

割るをする

公金食して   平気でチーサー
        次々


モクするや   ニワカあべこべ

アベコベと
同様に

満珍になり    前借り獄ぞう
特に十年     貧根
火の粉二十年   ウソが
三台続いて    ウミが
不妊も増やし   腹は痛まぬ
エン間が言った  災故災長 


多様性    いの火の生存

確率を

必然上げる   単より複も 
        独よりも多