ここから本文です

JPX日経400、銘柄入れ替え 中小型も実施
1126文字
[有料会員限定]
日本経済新聞社と東京証券取引所は7日、共同で運営する株価指数「JPX日経インデックス400」および「JPX日経中小型株指数」の構成銘柄の定期入れ替えを発表した。30日から新銘柄で算出する。
JPX日経400は構成銘柄から28銘柄を除外し、新たに31銘柄を採用する。昨年8月以降、クラリオンなど3銘柄を除外し397銘柄で算出してきたが、入れ替え後は400銘柄に戻る。
JPX日経中小型は48銘柄を除外し、新たに49銘柄を採用。入れ替え後は200銘柄に戻る

【採用】=PS三菱、メンバーズ、UT、LINK&M、プリマ、夢真HD、ディップ、SBSHD、Vコマース、UNITED、DDHD、ヨシックス、T-BASE、ケイアイ不、コメダ、KLab、エニグモ、システム情報、アバント、モバファク、ダブスタ、オープンドア、アカツキ、ラサ工、ミズホメディ、富士石油、大紀ア、アサヒHD、東プレ、リンクバル、イトクロ、イーガーディ、ライクKN、ツガミ、岡本工、ベル24HD、りたりこ、エボラブルA、ストライク、ソラスト、北越工、キトー、ツバキナカ、ヤーマン、メイコー、JIA、ヒロセ通商、スター精、イーレックス