ここから本文です

本日でだいたい決算は終わりです。
半導体製造装置は回復傾向にあるとか言われていますが、結果がいい会社ってあまり見かけません。
全部を見ているわけではないですが、おおどころも前期比減益です。
東京エレクトロン:経常利益今期1716億円(前年同期2419億円)
アドバンテスト:今期税引き前利益387億円(前年同期481億円)
ディスコ:経常利益今期270億円(前年同期309億円)
実はその他半導体製造装置もほとんどがぼろぼろの感じです。

その中で伸びているところもあります。
ローツエ:経常利益今期61億円(前年同期48億円)
レーザーテック:経常利益今期79億円(前年同期51億円)
ホロン:経常利益今期13億円(前年同期5億円)
レーザーテック、ホロンが伸びているのは明らかにASMLの次世代極細EUV露光装置関連です。
ローツエのウエハ搬送機もEUV露光装置に対応していると思われます。
この装置1台200億円ぐらいするので、買える企業は世界で数社しかありません。
サムスン、TSMC,インテルそして中国のハイシリコン(ファーウエー)ぐらいしかないかもしれません。
そしてローツエは少なくともサムスン、TSMCを抑えています。もしかするとハイシリコンにも入っている可能性があります。
インテルはローツエの顧客ではないと思われますが、実は2年ほど前からAMATとの取引が急拡大しており、AMATの装置のなかにローツエの搬送機が組み込まれ最終的にインテルの納められている可能性もあります。

多くの半導体製造会社はそれぞれ得意分野がありますが、ローツエはウエハ搬送、液晶搬送、有機EL搬送と何でもこなせる強みがあるように思えます。
本当に満遍なく強く、それがこの厳しい時期も増益を維持できている理由だと思います。
どう考えてもこの会社は伸びると思っていますが,いかがでしょうか?