ここから本文です

>528さん
>>事業リスク・・予定していたプラント開発のコンペが行われず、延期・・、受注契約締結がクロージングしない・・締結後に必要となった資金調達・・金利負担だけで巨額・・・遅延した場合に備えて、ペナルティー条項を設けて契約締結・・・
>>その通り。
しかし契約後ペナルティーを得ても損失のリカバリーは難しい。ペトロブラスで大やけどした川重が記憶に新しい。FPSOの場合クライアント(石油会社が)アライアンス契約という概念が完成引渡までなのか、20年間のリース期間中に及ぶのかでも異なる。設備稼働日数や出荷油量等その他様々なファンクションでボーナスやペナルティーを決める、客は金が無くなるとあれこれ難癖をつけて支払いを渋る。この部分が収益に大きく影響、要はお金持ちに家を貸す(時々お歳暮をくれる)か、貧乏人に家を貸す(家賃滞納するしあれこれ文句言って金が出てゆく)か?同じ家賃でも20年間で随分違うということ。原油安ではお客さんが軒並みケチに豹変するので株価はそのへんの雰囲気も含め、石油会社の儲けが減るとマイナスだな・・・と反応しているという事ですね。