ここから本文です

>>591

モディリアーニ・ミラー理論を引用するわけではないものの、資本構成は株価に影響を与えない。ましてや、自己資本比率が34%程度あり、それほど、見劣りするものでもない。配当も自社株買いも、ROEを高める上で、分母を減らすもので、有効である。(自己資本比率はボラティリティの拡大には、ある程度寄与する可能性も考えたが、新日鉄とJFEの数値を見る限り、そうでもない。むしろ、業績の変動がベータ値と比例していると考えるのが自然。)

だから、重要なのは業績と資本効率。