ここから本文です

米国から懲罰的罰金?
ちゃんと被害状況、影響度合いを調査すればよいではないですか。
その調査は当然、神鋼がやるのでしょうね。
問題は損害額の算定根拠です。
もし、日本国内と同様に、安全性に問題はありません、となった場合でも
米国の懲罰的損害罰金の場合は、心的、精神的な影響度合いも損害賠償に
カウントするので、さて、どうなるかはわかりませんね。
でも、既に、おおよその金額は準備しているのではないですか?
米国の品質基準が日本より厳しいとも思えませんし。