ここから本文です

IRに黒鉛電極の販売数量の減少について聞いたら、これは日本市場の話じゃなくて、欧州・アメリカの話らしい。
日本は従来とほとんど変わりはないとの事。

欧州・アメリカでは一括で大量の電極を買うらしい。価格の先高を見込んで昨年大量に在庫を持ったのでこの1~3月には新規発注は大きく落ち込んだとの事。

彼らの在庫量が少なくなっていればすぐ回復するが、どれほどなのか判らないので、年末まで1~3月のベースが続くと売り上げ予想を見直したとのこと。

価格は落ちているわけではないと。

あほくさ、いまどき一年間在庫調整しなければならないほどの在庫を抱える会社はあるのか。