ここから本文です

>>992

19/3期3Qの売上が18,213百万円、19/3期通期の売上が24,372百万円だから、
4Q期間の売上は、24,372百万円-18,213百万円=6,159百万円
ということで、1月~3月も年間の約4分の1の売上が立っています。

主力商品が1/8から出荷停止なら、このような売上にはならないはずです。

  • >>993

    悪気がないことは、まずお伝えしておきます。

    私が言いたいのは、決算書で公表している内容と、現実に起こっている問題が乖離しているのではないかと考えていることです。

    仰る通り、4Q期間の売り上げは立っておりますが
    これは生産ラインが国内に3工場あることと
    耐力不足が埼玉工場の一部製品に限っていること
    4Qの売上は3Q時に生産している可能性があること等が要因としてあげられます。

    問題は今期です。
    主力商品のフラットパネルが全く納品できていない状況であり
    2019年の新規受注はしないと言っている以上
    今後耐力不足の影響が少しずつ明るみに出てくるのではないかと考えてます。