ここから本文です

光免疫は まさにスターチングポイントについただけである。 その機序からして、無限の可能性を秘めている。 大変な発明だ。 その原理に乗っ取って、応用開発の拡大によってはノーベル賞に相当するかもね。