ここから本文です
552

kee***** 強く買いたい 3月1日 14:57

>>544

帝人は持田に次いでエタノレセプトの後発品が4月中旬認可、6月下旬から7月にかけて上市されるとの見込みではないかと妄想しています。これって国内では武田が去年400億以上単品で売り上げています。

バイオというかCAR-Tみたいな癌療法を安価に現実的な治療を出来得る方向性、富士フィルムようなAI化に伴う病態管理(レントゲンさよなら時代)、こんにちわAI病理診断の普及、がんワクチンの開発、リウマチなどの難病の遺伝子多型性レベルでの発症させない研究とかバイオは、もう少し時間はあります。

開発はモサドのイスラエルのようにはいきませんが安ければ韓国や中国、インドのバイオジェネリック時代の幕開けになるかもしれない2019年です。智頓