ここから本文です

この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は213億10百万円(前年同期比8.8%増、17億30百万円増)とな
りました。営業利益は原料価格の上昇、減価償却費等のコストアップの影響で52億43百万円(同3.3%減、1億80百
万円減)、経常利益は為替差益の計上等により56億23百万円(同3.3%増、1億77百万円増)となりました。親会社
株主に帰属する四半期純利益は、38億83百万円(同3.1%増、1億16百万円増)となりました。

これ読むと為替差益が営業利益がコストアップで悪化したのをカバーして経常利益に反映してるので
これからの為替レート次第でしょうかね、これで通期経常マイナス8.9%をカバーすればそこそこ戻すかな。