IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

経済産業省は6月30日、世界市場のニッチ分野で勝ち抜いている企業や、国際情勢の変化のなかでサプライチェーン(供給網)上の重要性が増している部素材などの事業を持つ優良な企業を選んだ2020年版「グローバルニッチトップ企業100選」を発表した。前回実施された13年度から日本企業を取り巻く事業環境は大きく変化し、デジタル経済の進展や世界の政治経済情勢の変動、少子高齢化のような社会構造の変化などを踏まえ、公募249社のうち113社が選定された。
 部門ごとの選定企業数は、機械・加工部門が61社(うち大企業15社、中堅企業13社、中小企業33社)、素材・化学部門が24社(大企業10社、中堅企業6社、中小企業8社)、電気・電子部門が20社(大企業11社、中小企業9社)、消費財・その他部門が8社(大企業1社、中堅企業2社、中小企業5社)となった。重視されたポイントは収益性や競争優位性、戦略性、国際性の4つで、選定企業は単純平均で世界シェア43.4%、営業利益率12.7%、海外売上比率45.0%という企業群となっている。また、同省によると各企業が提供している製品・サービスの現在の市場規模と5~10年後に予想される市場規模について聴取した結果、平均してグローバルニッチトップ(GNT)の市場規模は2.21倍の成長率になったという。
 足もとのグローバル市場は新型コロナの感染拡大の影響が依然として続いており、こうしたなか世界で勝負するためには他社にはない何らかの強みを持つことが重要になる。特定分野の技術力を磨くことで市場の寡占度を高め、価格決定権を握れば値下げ競争に巻き込まれにくい。梶山弘志経産相は「GNTに選定された企業は多くの企業にとって羅針盤と位置付けられ、GNT企業に対して経産省のネットワークやリソースを駆使して、事業展開に最大限サポートしたい」と述べていることもあり、関連銘柄に注目したい。
●素材・化学部門
第一稀元素化学工業 <4082> の自動車排ガス浄化触媒用材料も認定されている。