ここから本文です

頼みの綱の三菱UFJ昨日短信 11%減益予想 日経朝 5 経済 14版

日経朝 大手銀 他のみの米国 薄氷

金利上昇 外債含み損に転落 

2016年9月末に計6700億円あった3メガバンクの外国債券
の含み益は12月末に合計 3200億円の含み損に転落した。
昨年11月米大統領選に金利が急上昇した事が背景にある。
3月間でほぼ1兆円が目減りした計算でその6割が三菱UFJの保有分だ。

3メガバンクで 三菱UFJとみずほが ▲11%

  • >>608

    三菱UFJさらに 外債含み損拡大へ

    日経ヴェリタス 本日発売 債権に試練、REIETへ波及も4ページ

    欧州では 原油高によるインフレ率の予想以上の上昇から
    各国の国債利回り上昇(価格低下)が加速している。
    投資家は 1994年の債権暴落より厳しい苦境に立たされている。
    イングランド銀行 BOEのポールシュメルジング客員研究員は  
    ブログで、警鐘を鳴らした。94年は FRBが急速な利上げ局面に入り
    米長期金利が1年で2%上がった年。同氏は 債権の
    売りが売りを呼び,債券が暴落するシナリオを描く。

    2016年米大統領選後に債権の市場規模は大幅に縮小した。
    メリルリンチ証券によると世界の債権市場の時価総額は17年1月現在で
    47兆ドルで1.5兆ドルも減った。