ここから本文です

>>25

皆さま、この【茶色アイコンのson】ことウタ(53~55歳/自称:言い訳の人生)は、
議論で勝てないと判断すると決闘を申し込んでくる場合があります。
決闘を申し込まれた場合、これを受けた側も罪に問われる可能性があります。
必ず拒否しましょう。

以下コピペです。注意喚起です。


決闘罪が罪に問われる要件と法定刑
決闘罪に関しては全6条から成されており、決闘を行なった人物だけではなく、立ち会った人、付き添った人、場所を提供した人なども罪に問われてきます。


決闘を挑んだ者・応じたもの【6カ月以上2年以下の懲役】
まず、決闘罪は決闘を申し立てたり応じた時点で罪が成立します。決闘を行なう為の約束状を「果たし状」とも言いますね。近年ではメールやLINEなどの連絡手段も多種多様になってきていますが、メールでの決闘の約束も決闘罪に該当します。

決闘を申し込んだり、受けた場合の罰則は【6カ月以上2年以下の懲役】となります。


決闘を行なった者【2年以上5年以下の懲役】
実際に決闘を行なったとすると、罰則が重くなります。【2年以上5年以下の懲役】が法定刑で設けられています。


決闘立会人・立ち合いを約束した者【1カ月以上1年以下の懲役】
立会人とは、決闘の現場にいた人物になります。例えば、決闘の場所に集まった観覧者などです。決闘の立会人の罰則は【1カ月以上1年以下の懲役】です。


決闘が行われることを知って場所を提供した者【1カ月以上1年以下の懲役】
決闘がそこで行われることを知っていて場所を提供した人物も処罰の対象になります。罰則は【1カ月以上1年以下の懲役】です。一方で決闘を行なった人物が人の敷地内で勝手に決闘を行なっていたのであれば、住居侵入罪【3年以下の懲役/10万円以下の罰金】が問われることもあります。

3782 - (株)ディー・ディー・エス 皆さま、この【茶色アイコンのson】ことウタ(53~55歳/自称:言い訳の人生)は、 議論で勝てない