ここから本文です

[万能認証基盤Themisリリース(DDS)] こんばんは ウタです

Linux上で構築できる事は先ずシェア的に考えても期待できます。

今回のPR情報は両面から捉える必要があり当たり前ですが技術者向けのリリースPR情報ですね。簡単に言えば『認証の構成要素に生体情報を使う FIDO規格は当たり前』になりますので“DDS製品テミスサーバ”を導入する事をお勧めしますって事なんです。このサーバを導入して、“テミス認証基盤“を構築すると※既存の企業構築システムを損なう事なく”次世代認証基盤マガタマプラットフォーム“に接続して利用できますよ。例えば、HP
FIDO認証基盤を利用できる環境の構築が簡単に可能となりました(HPに目をつけた投稿がありますね) ①(FIDO APサーバと FIDO認証サーバとの認証連携)
※認証基盤其の物に採用の可能性※

“テミスサーバ”にはNNL社からの技術提供がされているでしょう(①より)当初はDDSハイブリッド指紋認証方式を FIDO規格のサービス環境で使用できるが“今年の夏”には殆どの認証方式に対応する事で更に利便性が向上します。

本格化に向かって動きだしました。次世代認証規格 FIDOが”次世代“の認証の中核を担う為のインフラ整備が本格化してきます。其れの”狼煙“が今日のPR情報です。

SSOの環境下は便利だけど”管理者“のIDが乗っ取られると総てがおじゃんになります。この”SSO環境下の管理者の管理にDDSハイブリッド指紋認証を FIDO化“する事で100%に近いセキュリティ環境の構築を可能とする側面と社員が外仕事で社PCのFIDO認証も同時に可能となる”万能認証基盤テミス“の市場規模は極めて大きい。by ウタ

PS 順調にさんいつもありがとうございます。今回のPR情報は FIDO規格の本格化を告げるリリースですね。これで今年の夏の楽しみが更に大きくなりました。