ここから本文です

2019年05月21日

株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社: 東京都中野区、代表取締役CEO 山本達夫、以下DMP)は、本日よりDMPエッジAIプロセッサIPコア「ZIA™ DV700」の後継となる新型IPコア「ZIA™ DV720」を販売します。

新製品DV720はDV700と同様、ディープラーニングの推論処理に特化した低消費電力プロセッサIPで、画像、動画、音声などといったあらゆるデータに対する推論処理を可能にします。

DV720はDV700のディープラーニング専用演算器(MAC)を最適化することで、さらなる小型化と高性能化を実現しました。同時に、従来ソフトウェアで処理させていたINT8bit/FP16bitコンバータのハードウェア化、およびIPコア内部のパイプラインを効率化したことで、16nmプロセスのASIC搭載時に1GHz以上の動作周波数を実現します。またザイリンクスのZynq® UltraScale+™ MPSoCに搭載時は、DV700と比較して60%の小型化と3.2倍以上の高性能化を両立した上で、コア周波数420MHzで動作させることが可能です。このためFPGA使用時においても従来のASICに近い性能を達成することができ、高性能なエッジAIアプリケーションの実現に最適なAIプロセッサです。

DV720のSDK/Toolは、従来品との後方互換性を確保しています。お客様はCaffe、Keras、TensorFlowといった汎用AIフレームワークを活用した学習済みネットワークを用意すれば、容易にDV720で推論処理を行うことが可能となります。DV700同様にディープラーニング専用演算器(FP16bitサポート)で推論処理を行うため、高性能および高精度を要求される先進運転支援システム、次世代ロボット、ドローン、セキュリティ監視ソリューション、メディカルなど各種エッジアプリケーション製品への適用が可能です。

DMPは6月3日より、ZIA™ FPGAモジュール「ZIA™ C3 」へDV720を実装した新バージョンのリリースおよびアップグレードを予定しています。

※DV700、DV720は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託業務の成果を一部活用しています。


2年間でここまで進化した製品をだしてきた