<重要なお知らせ>掲示板の利用規約について
この度、Yahoo!ファイナンス掲示板の利用規約を改訂いたしましたのでお知らせいたします。
主な修正点として、各禁止事項における詳細説明及び禁止投稿例を追加しました。
規約はこちら→【掲示板】禁止行為、投稿に注意が必要な内容について

【改めてご確認ください】
 ・他人の個人情報にくわえ、投稿者自身の個人情報も削除対象です。
 ・無関係な画像や漫画・アニメなど他人の著作物だと判断される画像は削除対象です。
 ・同様の画像がプロフィールで使用されている場合は、初期化対象です。
ここから本文です
Yahoo!ファイナンス
投稿一覧に戻る

(株)ミライノベート【3528】の掲示板 2018/06/29〜2018/07/05

119

Wittgenstein9999 強く買いたい 2018年6月29日 11:31


<国際協力銀行>海外M&A支援へ 1.6兆円融資枠
https://mainichi.jp/articles/20180629/k00/00m/020/192000c

国際協力銀行(JBIC)は29日、日本企業に海外でのM&A(企業の合併・買収)に必要な外貨資金を融資するため、3メガバンクと計約150億ドル(約1兆6500億円)の融資枠を設定する協定を結ぶ。JBICが自己資金で海外M&Aを支援する融資枠を設定するのは初めて。メガバンクの資金調達コストが減り、海外M&Aを行う企業も長期間、安定した金利で融資を受けやすくなる。

 融資枠の設定期間は2年。三菱UFJ、三井住友、みずほの3行にドルとユーロ建てで5~10年程度の長期融資を行い、各行が取引先の日本企業に貸し出す仕組み。M&Aは経営権を握る過半出資のほか、出資比率が5割以下でも戦略的な事業提携など中長期の成長を目指す案件であれば、融資の対象になる。

 JBICは2011年にも海外M&Aの融資枠を設けたが、国の円高対策の一環で、対象も過半出資の案件に限定されていた。この融資枠が6月末に終了するため、今回は独自の融資枠を新設。対象も企業の多様なニーズに応じて拡大し、国内の市場縮小を受けて海外に活路を見いだしたい企業を後押しすることにした。融資後は、買収先企業の経営に関する助言も行う方針だ。

 海外M&Aではドルなどの外貨建て資金が必要になるが、米金利上昇を受け、市場でドルを調達する際のコストが膨らんでいることが銀行の悩みの種だった。今回の融資枠を使えば、銀行はJBICが保有する外貨を長期間、安定した金利で調達でき、企業側にもメリットのある条件で貸し出しやすくなる。JBIC産業投資・貿易部の加藤太郎ユニット長は「今後は信託銀行や地銀とも同様の協定を結んでいきたい」と話している。【土屋渓】

  • >>119

    関係者がみんなウィンウィンじゃないかこれww

    >
    <国際協力銀行>海外M&A支援へ 1.6兆円融資枠
    https://mainichi.jp/articles/20180629/k00/00m/020/192000c

    国際協力銀行(JBIC)は29日、日本企業に海外でのM&A(企業の合併・買収)に必要な外貨資金を融資するため、3メガバンクと計約150億ドル(約1兆6500億円)の融資枠を設定する協定を結ぶ。JBICが自己資金で海外M&Aを支援する融資枠を設定するのは初めて。メガバンクの資金調達コストが減り、海外M&Aを行う企業も長期間、安定した金利で融資を受けやすくなる。

     融資枠の設定期間は2年。三菱UFJ、三井住友、みずほの3行にドルとユーロ建てで5~10年程度の長期融資を行い、各行が取引先の日本企業に貸し出す仕組み。M&Aは経営権を握る過半出資のほか、出資比率が5割以下でも戦略的な事業提携など中長期の成長を目指す案件であれば、融資の対象になる。

     JBICは2011年にも海外M&Aの融資枠を設けたが、国の円高対策の一環で、対象も過半出資の案件に限定されていた。この融資枠が6月末に終了するため、今回は独自の融資枠を新設。対象も企業の多様なニーズに応じて拡大し、国内の市場縮小を受けて海外に活路を見いだしたい企業を後押しすることにした。融資後は、買収先企業の経営に関する助言も行う方針だ。

     海外M&Aではドルなどの外貨建て資金が必要になるが、米金利上昇を受け、市場でドルを調達する際のコストが膨らんでいることが銀行の悩みの種だった。今回の融資枠を使えば、銀行はJBICが保有する外貨を長期間、安定した金利で調達でき、企業側にもメリットのある条件で貸し出しやすくなる。JBIC産業投資・貿易部の加藤太郎ユニット長は「今後は信託銀行や地銀とも同様の協定を結んでいきたい」と話している。【土屋渓】