ここから本文です

>>2040

ここが騰がらない理由は、行使価格25円の新株予約権が2.5億株あるからだと思いますよ。
現時点の発行済株式数が約2.7億株ですから、全て行使されると2分割したくらい希薄化してしまう事になるのですから。

現時点で26円と下がっていますが、まだ時価総額が70億円ありますからね。

低位株の魅力は、突如大暴騰する事ですが、去年秋の材料(親会社の親会社にGSが7千万ドルの出資をする)が出た時も、55円に行きましたが一瞬でした。
その後はリバウンドしながらジリジリ下げる展開で、1年かけてほぼ元の水準まで戻りました。

去年は一瞬55円に騰がりましたが、もし同じようなインパクトのある発表が今あったとしても、新株予約権があるから55円にまで行かないでしょう。

そういった低位株としての最大の魅力が削がれているので、こういった銘柄が好きな人も近付かず、結果として今の低迷に繋がっていると感じます。