ここから本文です

”2018年に大阪府へ本社を移転した企業は174社で、23年ぶりの高水準だったことが帝国データバンク大阪支社の調査でわかった。逆に府から転出した企業は191社で、過去26年間で最も少なかった。25年大阪・関西万博の決定や、カジノを含む統合型リゾートの誘致計画などで、大阪経済の盛り上がりに期待する企業が増えたためとみられる。”

選挙が終わり IRの基本計画が 具体的になっていったら 今は なりを潜めて
様子をうかがっている企業も動き出し じわり秋ごろから不動産にも大きな変化が見られそうですね?
 此処も持ち株会社に生まれ変わり さまざまな 事業計画を具現化していってくれるのではないかと 期待しています。