ここから本文です

利益上方修正の主な理由は貸倒引当金の戻入れと為替差益/税負担減であり、「一部海外事業が弱含み」で売上未達であることにも留意したい。  あと長年の業績推移からはバイテックと1:1の合併比率は違和感が強い。 バイテックの万年強気の業績予想に引っ張られたというべきか、それを認めても合併を選択するほどUKCを取り巻く環境が厳しいと経営陣が認識しているということか??  自己資本比率が2割程度しかないバイテックとの合併では痛んだ財務状況も好転しない(数字上は悪化する)し。

以上より総会で2/3のハードル(間違ってたら指摘ください)は低くないように感じられるけれど、この統合案ではすんなり可決されるのと揉めたり否決されたりするのとどっちが良いか投資家・投機家の立場により異なるのでは。