ここから本文です

ジェット機はともかく、絵画や住宅、月旅行は個人の金で支払うでしょうし、役員報酬で賄えるとはとても思えないのでおそらく保有株の株価次第で計画に変更が出てくる可能性もあるのかな。或いは、そうなる前に持ち株を処分してでも資産を保とうとするだろうか。今後の大量保有報告書で社長の名前が出てくるか、要注目