ここから本文です

株主優待を100株→500株に変更した翌年に、株主優待を廃止。
当初から計画していたのであれば、株式市場を操作したとか、インサイダーがあったとか思われても仕方ないですよね。
株主優待負担が減って経営的には楽になるはずですが、これだけ市場評価が下がる理由は何か。それは分かっていたのではないか。ということが、現経営陣に問われるべきかもしれません。
株主代表訴訟・・・なんてこと、少しは考えないといけないかもしれないですよね。