ここから本文です

>>823

「発表済みの情報は、もう株価に織り込み済み」ということはよく言われ、そういう面もあるにはありますが、
株価は良く美人投票にもよく例えられます。自分が美人だと思うものよりも他の人たちに多く気に入られているものをうまく予想できれば高い株価の株を購入できます。

人は合理的な行動をしないことが多いです。
本当はできるだけ安い時に購入して高い時に売るのが失敗しない投資の基本ですが、多くの人が信用取引で高騰銘柄に飛びつき、ストップ高でパニック状態で買って暴落して、損切せずにあっという間に多くの財産を失う人が多いです。
高騰銘柄には「発表済みの情報は、もう株価に織り込み済み」とは言えず完全なバブルです。
「高騰銘柄に見つけ方」というキャッチコピーがたくさんありますが、バブルに乗って高値で売り抜けたいと思いながら、大半の人が売り抜けられないのにそういう銘柄に集まってしまうのです。

RIZAPは今は信用取引もできない銘柄なので出来高も少ないし、赤字を出したばかりなので高騰することは考えにくいですが、成長性が高い会社で改善する可能性が高いと思っていますし長期で持っていれば面白い銘柄だと思っています。