ここから本文です

PERが高いって言っている方が多いですが、世界的にこのビジネスは基本的にはPER(純利益)ではなくて「取扱高」で見られています。世界を見てもまだ市場も未成熟なので損失を題している会社も多く、基本的には「取扱高」の1~2倍が妥当というのが海外機関投資家の見方ですね。そう考えるとこの会社は現在かなり安く見えます。まだ海外機関の参入が少ないですが、彼らが入ってくればPERの議論はなくなるでしょう。

こういう高成長だけど損失を出す会社がPER(純利益)で見られて評価されないのが日本の残念な所ですね。。。米中のように赤字覚悟で市場を変革するような企業が育ちにくい環境です。