ここから本文です

7月18日の記事ですが、医療用空中ディスプレイが紹介されていました。

日立グループ,予防から医療,介護,生活支援まで,日立グループが提供する幅広いヘルスケアITソリューションをアピール
h
ttps://www.innervision.co.jp/sp/report/imhs/2019/repo/hitachi_repo

---------------------------------
また,クリニック向けソリューションとして,空中ディスプレイと自動受付精算機を参考展示した(開発:日立オムロンターミナルソリューションズ)。空中ディスプレイは,画面を空中に表示しタッチ操作ができるもの。物理的な接触がないため衛生的に使用でき,正面からしか視認できないことでセキュリティにおいてもメリットがある。受付精算機への搭載など製品化に向けて検討中で,手袋をしたままでも操作できるため,来場者からは採血現場,手術室への応用を期待する声も寄せられているという。
---------------------------------

写真(大きさ、画質)と説明文(視野角)からASKA3Dプレートを使用しているものと思われます。

自動受付精算機は年内の発売をめざして開発が進められているとありますから、検討結果によっては年内にも空中ディスプレイを搭載した自動受付精算機が登場するかもしれません。

空中ディスプレイはアスカネットの展示会でも医療関係から大きな反応があったそうですが、実際に普及するとなると信用面からも医療分野で実績のない企業の製品では難しいと思います。

その点、日立オムロンの製品ともなれば最初のハードルはクリアされるので、展示会の反応が医療関係者に共通する思いであるなら、「こういうものが欲しかった!」と歓迎され、広く普及していくのではないでしょうか。

2438 - (株)アスカネット 7月18日の記事ですが、医療用空中ディスプレイが紹介されていました。  日立グループ,予防から医療,