ここから本文です

>>395

↑ということで、もう何度繰り返したかわからんが、
PER20倍、これを企業を挙げての目標とし、必達をIR部門の責任とせよ。
あらゆる努力を惜しまず、AIとRPAの説明を機関投資家回って行い、
自社株買いと組み合わせ、早期に達成すること。

あと、俺が今日大塚家具で書いた文章な。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大塚家具じゃないが、かつて上場企業の事業計画策定やIRやってた者として。

こういう(会社が信用ない、新規事業成功の可能性が見えない等)ケースにおいて、
その新規事業の数字を外部発表事業計画に織り込むことは、やるやつはバカ。
というか、「こういう」に当てはまらない会社においても、それがスタンダード。
もちろん、内部では新規事業のフィージビリティスタディは死ぬほどやっていて、
「それを加味した事業計画」は内部には当然存在する。でも公表はしない。

IRはコミュニケーションであり、絵に書いた餅と言われるようなことを言うのは、
未だ何も成し遂げてないヤツが「将来俺はビッグになる」と言うが如き信用毀損。
ここは、少なくとも既に成立している事業を骨格に、公表用事業計画はつくる。
なので、抜けてるから中国事業の見通しが暗いとかは、そもそもない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あのな、新規事業の数字を外部発表云々はバカっての、
未だ何も成し遂げてないヤツが「将来俺はビッグになる」と言うが如きっての、
これ、君の会社のことだから。