IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

胚操作用ガラスピペット:ガラスキャピラリーをアルコールランプの炎上で左右に引いて作成し,先端から内径が 150 μm のところをアンプルカッターで切る.それを
吸引マウスピースに接続したチューブにつないで使用する.

トランスジェニック動物をつくるには、「遺伝子を細いガラスの針を使って直接核に注入する」、「遺伝子を改変したES細胞を胚に移植する」、「導入したい遺伝子をウイルスに組み込んで受精卵に感染させる(ウイルスベクター)」という3つの方法があります。

つまり、この会社でもガラスは主要素材の一つであり、それを省エネ化するのも一つ。また、TMGの取引先であるAGCは5G関連にも関わっている。この会社の方針は今M&Aで研究を行いながら利益を出そうとしている。

調べればすぐに分かる事を自分で調べる事が出来ず、会社に聞けばいいものを掲示板に書き込むことで解決すると思っている時点で…。