ここから本文です

林兼が4日続伸、日米貿易協定がきょう衆院本会議可決の見通し

林兼産業<2286>が4日続伸している。きょう行われる衆院本会議で日米貿易協定が可決される見通しであることから、食肉卸の同社のビジネスチャンス拡大につながるとの思惑から買いが入っているようだ。

 同協定では、日本は米国から輸入する牛肉や豚肉などの関税を、TPP(環太平洋経済連携協定)の締結国と同水準まで段階的に引き下げるとしている。なお、牛丼チェーンの吉野家ホールディングス<9861>などもしっかりとなっている