IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (167202コメント)

  • 2022年05月18日18時08分
    第一商品、金価格連動の暗号資産開発に向けテコテックと契約締結
     第一商品<8746>はこの日の取引終了後、証券決済システムやデジタルコンテンツの開発を手掛けるテコテック(東京都港区)との間での、金価格と連動する暗号資産の開発に向けた業務委託基本契約とシステム開発業務等個別契約の締結を発表した。

     両社は4月に金価格と連動する暗号資産の開発検討に向けた基本合意書を締結しており、検討を進めてきた経緯がある。第一商品では開発検討のなかで、この取り組みが金取引の利便性向上に加え、金の取扱量・取引量の増加によって自社の収益拡大につながる可能性があると判断したという。今後、7月中旬をメドに同件に関する概要・スケジュールについて知らせる予定としている。

  • 2022年05月18日17時49分
    ペルセウス、「スーパー中和抗体」の共同研究に関する覚書締結
     ペルセウスプロテオミクス<4882>はこの日の取引終了後、富山大学と富山県との間で新型コロナウイルス感染症に対する「スーパー中和抗体(開発コード:UT28K)」についての共同研究に関する覚書を締結したと発表した。

     スーパー中和抗体とは、富山大学が昨年取得し命名したヒト型・モノクローナル中和抗体のことで、新型コロナの既存の変異株や今後出現すると考えられる新たな変異株の感染を防ぐ治療薬となり得ることが確認されているという。会社側では、この中和抗体の一刻も早い事業化に向けて富山大学の事業パートナーとして選定され、今回契約の締結に至ったとしている。

  • JHD、1-3月期(1Q)経常は赤字縮小で着地
     ジェイホールディングス <2721> [東証S] が5月13日大引け後(16:00)に決算を発表。22年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常損益は3000万円の赤字(前年同期は3100万円の赤字)に赤字幅が縮小した。

     直近3ヵ月の実績である1-3月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の-114.8%→-103.4%に改善した。

  •  新都HD <2776> [東証S]  ★非開示だった今期経常は6.4倍増益へ
     ◆非開示だった23年1月期の連結経常利益は前期比6.4倍の9600万円に拡大する見通しになったと発表。プラスチックリサイクル再生原料、廃金属、廃金属リサイクル再生原料の取扱高拡大に注力し、38.0%の大幅増収を見込む

  • >>No. 292

    5/18
    833+16高値853
    終値ベースで830突破だゼヨ

    ユニプレスは5日続伸、80万株を上限とする自社株買いを実施へ
     ユニプレス<5949>は5日続伸。17日の取引終了後、自社株買いを実施すると発表したことが好感されている。上限を80万株(発行済み株数の1.8%)、または5億円としており、取得期間は5月18日から7月20日まで。譲渡制限付株式報酬の導入に備え、自己株式処分に必要な自己株式の取得と同処分に伴う株式価値の希薄化回避を図ることが目的としている。

  • >>No. 148

    5/18
    1629+72高値1670
    終値ベースで1600突破だゼヨ
    赤三兵

  • 990超引け乙
    赤三兵
    独立系で幅広い事業を対象にソフトの受託開発。自動車、農業車輌搭載も。

  • 5/18
    231+11高値233
    終値ベースで230突破だゼヨ


    アストマクス、前期経常は3.4倍増益で着地・1-3月期(4Q)経常は5.7倍増益、今期業績は非開示
     アストマックス <7162> [東証S] が5月13日大引け後(17:00)に決算を発表。22年3月期の連結経常利益は前の期比3.4倍の3.2億円に急拡大し、6期連続増収となった。なお、23年3月期の業績見通しは開示しなかった。

     同時に、今期の年間配当は未定とした。

     直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比5.7倍の4.9億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の2.3%→10.1%に急改善した。

  • >>No. 747

    5/18
    6470+310高値6510
    終値ベースで6400突破だゼヨ

    再度1万越えを目指す

  • 5/18
    659+32高値663
    終値ベースで650突破だゼヨ
    ゴールデンクロス

    大幅に4日続伸。22年9月期第2四半期累計(21年10月-22年3月)の営業利益を1.31億円と発表している。説明資料によると、前年同期比107.4%増。利益率の高いSaaS型統合マーケティングツール「C-mo」の受注が伸長した。カスタマーサクセスのオペレーションフロー確立が計画より早く進捗し、人員の追加採用の必要がなくなったことから会社計画(0.79億円)を超過達成している。通期予想は前期比87.6%増の3.10億円で据え置いた。

  • シノプス、1-3月期(1Q)経常は黒字浮上で着地
     シノプス <4428> [東証G] が5月12日大引け後(15:00)に決算を発表。22年12月期第1四半期(1-3月)の経常損益(非連結)は4800万円の黒字(前年同期は2700万円の赤字)に浮上し、通期計画の2億円に対する進捗率は24.0%となった。

     直近3ヵ月の実績である1-3月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の-20.1%→15.0%に急改善した。

  • >>No. 341

    マーケットE、1-3月期(3Q)経常は赤字縮小
     マーケットエンタープライズ <3135> [東証P] が5月13日大引け後(15:30)に決算を発表。22年6月期第3四半期累計(21年7月-22年3月)の連結経常損益は2億4000万円の赤字(前年同期は7100万円の黒字)に転落した。

     会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した4-6月期(4Q)の連結経常損益は1億6500万円の赤字(前年同期は3900万円の赤字)に赤字幅が拡大する計算になる。

     直近3ヵ月の実績である1-3月期(3Q)の連結経常損益は1900万円の赤字(前年同期は1億2400万円の赤字)に赤字幅が縮小し、売上営業損益率は前年同期の-4.3%→-0.6%に大幅改善した。

  • 5/18
    1044+51高値1049
    終値ベースで1000突破だゼヨ
    2022/6EPS 74.6円→PER 14.0倍

    マクロミル、今期最終を一転5%増益に上方修正、配当も1円増額
     マクロミル <3978> [東証P] が5月12日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。22年6月期第3四半期累計(21年7月-22年3月)の連結最終利益は前年同期比24.3%増の33.9億円に伸びた。
     併せて、通期の同利益を従来予想の27億円→29.5億円(前期は28.2億円)に9.3%上方修正し、一転して4.5%増益見通しとなった。

  • 5/18
    5080+250高値5090
    終値ベースで5000突破だゼヨ


    三谷セキ、今期経常は22%減益、前期配当を1円増額・今期も44円継続へ
     三谷セキサン <5273> [東証S] が5月13日大引け後(15:00)に決算を発表。22年3月期の連結経常利益は前の期比4.1%増の83.7億円に伸びたが、23年3月期は前期比21.8%減の65.5億円に減る見通しとなった。

     同時に、前期の年間配当を43円→44円(前の期は43円)に増額し、今期も44円を継続する方針とした。

     直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比15.4%増の18.9億円に伸びたが、売上営業利益率は前年同期の8.2%→7.9%とほぼ横ばいだった。


    自社株買いの発表

  • 5/18
    181+9高値182
    終値ベースで180突破だゼヨ

    リボミック、今期最終は赤字拡大へ
     リボミック <4591> [東証G] が5月13日大引け後(16:00)に決算を発表。22年3月期の最終損益(非連結)は16.8億円の赤字(前の期は11.8億円の赤字)に赤字幅が拡大し、23年3月期も22.9億円の赤字に赤字幅が拡大する見通しとなった。8期連続赤字になる。

    2022年3月期第4四半期
    決算説明会

  • 2022/05/18 21:40

    >>No. 443

    5/18
    1296+63高値1304

     ニチコン <6996> [東証P]はアルミ電解コンデンサーの大手で、経営の新たな柱であるNECST(Nichicon Energy Control System Technology)事業では蓄電システムやV2H(Vehicle to Home)、EV用急速充電器に注力している。23年3月期通期の連結営業利益は前期比21.4%増の78億円となる見通しで、コンデンサー事業とNECST事業の売り上げ増を予想している。株価は4月12日につけた年初来安値1039円を底に下値を切り上げる展開で、足もとでは25日移動平均線と75日移動平均線とのGCが実現した。

  • >>No. 880

    5/18
    3300+165引けピン
    終値ベースで3300突破だゼヨ

     新電元工業 <6844> [東証P]は半導体製品や電装品、電源の製造・販売などを手掛け、EV向けの急速・普通充電器も展開している。今期はEV化の進展などモビリティ分野を中心にパワーエレクトロニクス製品の需要が緩やかに回復するとみており、23年3月期通期の連結営業利益は前期比2.5%増の57億円を見込む。株価は2800円近辺で底堅さをみせ、足もとでは25日移動平均線と75日移動平均線とのゴールデンクロス(GC)が視野に入りつつあるなどテクニカル妙味が増している。

  • >>No. 393

    5/18
    119+6引けピン
    2023/3EPS 17.7円→PER 6.7倍

  • 3/18
    3875+115引けピン
    終値ベースで3800突破だゼヨ
    歯科製品の企画・製販。歯ブラシ等・歯科通販首位。一般医療用品通販も。


    3/30
    4275+320高値4330
    終値ベースで4200突破だゼヨ
    75日線突破
    雲の中に突入
    13週線突破
    週足も転換線突破


    4/1
    4440+175引けピン
    終値ベースで4400突破だゼヨ
    始まったよ


    4/6
    4765+295高値4825
    終値ベースで4700突破だゼヨ
    雲抜け
    26週線突破


    4/8
    5190+505引けピン
    終値ベースで5100突破だゼヨ

    5/18
    5330+270引けピン
    終値ベースで5300突破だゼヨ

本文はここまでです このページの先頭へ