ここから本文です

・新しいスキームで、会社の計画通り資産価値が上がることに期待します。

①応募期間が短く、大和に口座無いネット証券口座の株主はぎりぎり。
(大和に電話したら、郵送では間に合わないので直接店舗で口座開設してくれとのこと。)
②TOB応募すると、特別配当と株主優待を取れない。

以下の③の解釈は間違っていたら指摘して下さい。
③個人株主の手取り額は約1190円?
TOB価格1400円/株で応募して約1190円/株の手取りでしかない。
1400円ー(みなし配当額(1071円) X 源泉徴収税額(20.315%))=約1190円

最大の理由は、単にめんどくさいのですが。

  • >>20997

    ①応募が間に合わない可能性はあるけど
    すぐに手続きして不備が無ければ間に合いますよそれだけの時間はあります
    大和がわざと遅延行為をしないのなら
    単純に応募させたくないだけ(好意的に見るなら間に合わない場合の保険)
    大和と同時に出す側の手続きも同時進行で

    ②買われた分はたしかに権利を取れませんよでも戻った分は当然権利ありですし
    別途買えば当然それに権利は付きますし
    これもあきらめさせる為の誘導トークですね、そう言われたんでしょ?

    ③プロじゃないので間違いはあると思って見て下さい
    今回は譲渡益では無いので配当扱いで税区分が変わるって事でしょう
    ぱっと見て思われてる様に思って欲しいんでしょうねあの説明文
    わざと利益が400円だと書いてないんでしょう
    あの例であれば617円損金扱いですから1000円で買ったなら当然利益は400円しかないですよね

    通常レベルなら普段の税の扱い方にもよりますが大差ないでしょう
    源泉徴収ありでやっているなら買った額と売った額の差額の20%で良いと思います

    ものの見事に会社の思惑通りに捕らえてくれてますね
    こんな方が多いと思いますし会社はそう見越してますね