ここから本文です

>>353

・確かに「電線地中化関連銘柄」に分類されています。ゆえに、追い風の中にいると言えます。
 しかし、業績に繋げるには、どれだけの工事量に対応できるかという問題があります。これに自信が持てて来れば、より積極的に入札に参加し落札も増えるはずです。
これには、経営陣が一丸となって推進中だと考えます。
 それと、「電線地中化関連銘柄」とされる中で、ここは低位株価です。これも魅力の一つなのですが、この会社には今一つ、見えないところが有り伸び悩んでいるのが現実です。・・・まあ、暫く放置しとけば適度に上がり出すでしょう。