IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

仮にテレワークが進行すれば、通勤回数も減る。労働者側からみれば、実質労働時間の短縮に繋がる。
感染症の罹患(満員電車に乗らない。オフィスの人員密度も減る)率も下がる。
平常時にから慣れておけば、CM事業でのインターネット打ち合わせ会議もスムーズに進む。
決して、遠い夢物語ではないでしょう。