IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

INPEXがやろうとしているのはブルー水素だと思うが、グリーン水素の計画は無いのかな?

下記の記事:

・ウクライナ危機をきっかけとするエネルギー安全保障に対する懸念の高まりは、欧米のエネルギー政策に大きな影響を与えている。

注目される動きの1つが、水素エネルギーに関する取り組みの加速だ。

米有力シンクタンクの1つ「大西洋評議会(Atalantic Council)」が3月末にドバイで開催した世界エネルギーフォーラムでは、米国国務省のエネルギートランスフォーメーション担当者アンナ・シュピッツバーグ氏がエネルギー安全保障課題に触れ、米国では水素投資を加速していると発言。

ゴールドマン・サックスもこのほど発表したレポートで、現在1250億ドル(約15兆4743億円)の水素市場は、2050年には1兆ドル(約123兆円)に達するとの強気の予想を展開している。

一般的に電気分解によって生成される水素。その電気が化石燃料で発電された場合は★「グレー水素」、また天然ガスと二酸化炭素貯留技術を活用し生成されたものは★「ブルー水素」と呼ばれている。一方、カーボンニュートラルの観点から注目されているのは、再生可能エネルギーによる電気で生成された★「グリーン水素」だ。

このグリーン水素は、現在グレー水素に比べ生産コストが高く、普及のネックになっているといわれている。PwCによると、現在グレー水素のコストは1キログラムあたり1~2ユーロだが、グリーン水素のコストは3~8ユーロ(コストは地域・国によってばらつきがある)必要となる。しかしPwCは、再生可能エネルギーのコスト低下に伴い、2050年頃にはグリーン水素の生産コストがグレー水素のコストを下回る可能性があると予想している。

しかし、ロシアのウクライナ侵攻によって原油価格や天然ガスの価格が急騰、これによってグレー水素とブルー水素の生産コストが上昇しており、一部ではグリーン水素の生産コストがこれらを下回るという事案が発生している。