IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

日本の金保有量は、増やせばアメリカが難色するので増やせなかった様です。

当時は貿易収支で外貨が有り余っていたので、苦肉の策が、記念金貨を発行して広く国民に保有させる事だった。

10万円金貨 30g×2.000.000枚=60トン
10万円金貨 20g×11.000.000枚=220トン
5万円金貨 18g×2.000.000枚=36トン

当時の金価格は、概ね 1g 2000円程度だから、安く手当が出来 その後今日に至る高騰で、金保有政策は成功しています。これだけでも300トン強の金貨が眠っています。

その他、富裕層はインゴットや地金型宝飾品で保有しています。

又、ベールに包まれた日本銀行の地下室には隠れ金塊も有るらしい。