ここから本文です

>>14268

RESさん 良い旅行を経験され、又、無事帰宅、何よりです。

地方のお祭りに行くと、私もRESさんと同じ寂しさ、懸念を感じます。今は綺麗に手入れされている石垣、竹林、路地、これらはいつまでこのままなのだろうかと。今回訪ねて花輪でも、大きな呉服店がきちんとした佇まいで照明をつけていましたが、その周りには人ひとりいませんでした。何とも寂しい風景で、東京郊外の商店街で流行らない店を見るのとは感じが違います。後継者はいるのだろうか、当主は元気か、と。それぞれの歴史、人生が消えてしまうのかと思うとやり切れません。

おわらのカレンダーを買ってきて使っていますが、残りはあと数か月。やはりカレンダーを買いに再訪しようかと考えています。