IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

鹿児島銀行 行員が2700万円着服
2/27(木) 19:57配信 MBC南日本放送

鹿児島銀行の元行員が、顧客のカードローンを使って無断で借り入れをし、2700万円を着服していたことが分かりました。

着服をしていたのは、鹿児島銀行の50代の元行員の男性です。鹿銀によりますと、男性は、鹿児島市の高見馬場支店や奄美の瀬戸内支店に勤務していた2017年9月からことし1月までの間、顧客16人のカードローンで無断で借り入れをし、あわせておよそ2700万円を着服したということです。

男性が別の行員に業務を引き継ぐ際に発覚したもので、「ギャンブルなどでの借入金の返済のためにやった」と、着服を認めているということです。鹿銀は、男性を25日付けで懲戒解雇処分としました。

鹿銀の松山澄寛頭取は「お客さまに心からおわび申し上げたい。内部管理体制の充実・強化に取り組みたい」としています。鹿銀は今後、刑事告訴も検討しているということです。


地方銀行って、ホントにJA農協レベルの行内管理体制なんだな。