ここから本文です

今回のJR 東日本スタートアップ株式会社との合弁会社設立は経営的には
よかったと自分は思っています。
なぜなら、ベンチャーであるサインポストがこれからいろんなお客様に商品を紹介する場合にも商談を進めやすくなる。5か年計画等の事業計画を立てるときにもJRとの連携があれば売上見通(販売・保守)しもある程度だせる。売上の底上げが段階的に演出できるため計画通りの収益の伸びになり前年度の売り上げ繰上げが楽になり投資家に投資判断を促しやすい点かな。
デメリットははかせさんもいったようにJR 東日本スタートアップ株式会社との50%での会社設立で迷った場合の結論が遅くなる点とJR東が入っているので販売金額は通常よりも安くなること。
JRは駅レンタカー事業もやっているけど、レンタカー各会社から車両を融通してもらったりしているからお互いの会社がwinwinで仕事をやっています。
サインポストとの合弁会社もお互いがwinwinの関係で利益向上できるという判断で
つくることになったのかなと思います。
サインポストはベンチャーなので製品を世の中でより知ってもらうことが大切だと思います。メリット・デメリットを把握したうえで投資する必要がありますね。