IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
950

goikenban 強く買いたい 4月6日 07:36

エムスリー、ワクチン接種で医師紹介
自治体を支援
日本経済新聞 朝刊 1面 (1ページ)
2021/4/6 2:00
 医療情報サイト運営のエムスリーは、新型コロナウイルスのワクチン接種を担う医師を全国の自治体に紹介するサービスを始める。高齢者への接種が12日に始まるのを控え、人手不足が指摘されていることに対応。5月にまず500人の紹介を見込む。民間のサービスが大規模な接種体制を下支えする。


 国内では医師法などの規定に基づき、医療行為にあたるワクチン接種の担い手は医師と看護師に限られている。65歳以上の約3600万人への接種の実務を担う自治体にとっては医療従事者の確保が急務になっている。

 エムスリーは6日、自社サイトで医師の募集を始める。集団検診やワクチン接種などに医師をアルバイトとして紹介してきた実績から、首都圏を中心に20近い自治体から今回のサービスへの問い合わせがあるという。

 なかには医師の時給を通常の1万円程度に比べ2~5割高く提示する例もあり、人手不足の深刻さを映している。同社はワクチンの注射器への充填など補助業務を担える薬剤師も紹介する。

 エムスリーは自社サイトを通じ全国の医師の9割にのぼる29万人とつながっている強みを生かす。原則、近隣自治体間で人手を融通するが、地方などで難しい場合は都市部から送り出す。2022年3月までに最大1千の自治体に1万5千人を紹介することをめざす。

 医療業界では勤務医が勤務先以外の診療所などで週2回程度アルバイトをする慣習がある。エムスリーの調べでは常時10万人規模の医師が市場にいる状態だ。